三十六相と八十八種好」『神の国』


 お釈迦さんは三十二相揃つて居られた。王仁は三十六相揃うてゐる。お釈迦さんは八十種好であつたが王仁は八十八種好である。王仁の身体は全く他の人の身体とは違ふ。髯が少くて髪が多いのも女の性である事の一つである。こんなに肥えてゐても肩が張つてはゐない。皮膚の色、胸板、臍、腹みな他の人間と違うてゐる。背の高さもチヤンと定まつているのである。 王仁には他の人と脈の搏ち方も違ひ灸や薬も他の人と同じ訳には行かぬ。王仁の前額の髪毛だけが白いのも他の人と違つた相の一であるといつた相者がある。