祖父の遺言

{1871年明治4年 1歳 12月祖父上田吉松帰幽}
 祖父の吉松は、明治四年の冬十二月二十七日に帰幽した。王仁が誕生後六か月目である。祖父吉松は数年前より微恙を覚え、日夜ぶらぶらとして日を暮らして居つたそうである。弥々病革まり、到底快復の見込み立たずと自覚し、王仁の両親を枕頭に招いて遺言した。 「上田家は古来七代目には必ず偉人が現われて、天下に名を顕わしたものである。彼の有名な画伯円山応挙(本名は上田主水)は、我より五代前の祖先・上田治郎左衛門が篠山藩士の女を娶つて妻となし、其の間に生まれたものである。然るに今度の孫は丁度七代目に当たるから、必ず何かの事で天下に名を顕わすものに成るであろう。先日も亀山の易者を招んで孫の人相を観て貰つたら、此の児は余り学問をさせると、親の屋敷に居らぬ如に成る。併し善悪に由らず、何れにしても異つた児であるから、充分気を附けて育てよとの事であつた。私の命は最早終末である。然し乍ら私は死んでも、霊魂は生きて孫の生い先を守つて与る。併し此の児は成長して名を顕わしても、余り我が家の力には成らぬとの易者の占いであるけれ共、天下に美い名を挙げて呉れれば、祖先の第一名誉であり、又天下の為であるから、大事に養育せよ。是が私の死後までの希望である」と、言終わると共に眠るが如く帰幽したと云う事である。王仁は生後僅かに六か月、祖父の顔も知らねば、其の時の現状も知らない。只祖母や両親の口から伝えられたのを記すのみである。

「故郷の二八年」『神霊界