私は大人になった」『水鏡』

 
 私は今年から(昭和二年)一人前の大人になつた。私の体は人と違つて体全体が、一度に小供から大人にはならず、まづ手だけが大人並になり、次に足が大人になると云ふ風に、各機関がだんだんと大人となつていつて、今年迄一ケ所だけ小供の所が残つて居つたが、今年になつて知らぬ間にそれが無くなつて、全部一人前の大人となつて居た。今まづ十五六才と云ふ所である。医師は血圧や肉の弾力など十七八歳の肉体だと云つて居る。