「頭髪」『玉鏡』


 髪に魂があり、髪に心がある。頭髪は美の源泉であり女の生命である。女の美は頭髪にある。洗ひだての綺麗な髪を、さつと垂らしてゐるのは一番人の心をひく。女の髪は、毛そのものが美しいのであるから、成るべく簡単に結んでおくが一番よいので、いろんな形を拵へるとそれだけ美が減ずるものである。昔から女の髪の毛で大象をも繋ぎ留める力があると云ふのはこの理である。よい髪を持ちながら、わざわざ縮らすのはよくない。髪は神への架橋であるから、多くて長いのが結構である。相撲取でも髪が長くなければ九分九厘と云ふ所で負を取る。美術家などが髪を長くする事は誠に理由のある事で、これでなければよい想は浮かんで来ない。インスピレーシヨンと云ふのは神からの内流である。頭髪だけは毛といはずしてカミと云ふが神の毛の意味である。